ビジネス

情報が錯綜する社会における能動的判断の重要性

情報が錯綜する世の中。そう言われて、声高らかに反対する人は、そういないでしょう。どの時代と比べるか、にもよりますが、少なくとも過去に比べて、情報量の増加—つまり、一人の人間がアクセスすることのできる情報量が多様化している—が進んでいることは明らかです。そんな中で、大事なのは、能動的に情報に働きかける姿勢です。自分から積極的に、情報をコントロールする力が求められるでしょう。

誤解が生まれるのを避けるために、まずは注釈を加えておきましょう。コントロールする、というのは、決して、情報操作ではありません。情報は生のなまま、正しいものとして扱い、それをどのように解釈して、何に、いかにして活用するのか。それが大事です。情報をもっているだけ、これが、過去の世界では大きな差異になり得ました。しかし、現代社会では、何の価値も持ちません。なにせ、Googleで検索すれば、何でも「知る」ことができるからです。ですので、「知る」の先へと向かうようにしましょう。

能動的に、日々を反省し、改善していく姿勢が重要です。例えば、毎月、お薬を服用するとして、それの値段がお財布を圧迫しているとします。お薬は—もちろん、種類にもよりますが—通常、なかなかのお値段になるものです。しかもそれが毎月続くとなると、バカになりません。例えば、海外からジェネリック医薬品を入手するというやり方があります。通常、自分の力だけで輸入するのは大変ですが、ユニドラなどの代行サイトを使えば、難なく、入手することができます。当然、ユニドラ以外にもいくつもの代行サイトがあります。ここで大事なのは、「昨日までの常識」にしがみつかずに、新しいやり方を模索すること。Unidru.comはそれの一例にすぎません。頭にある枠組みから抜け出して、能動的判断を行うことを強くお勧めします。

Related posts
ビジネス

さまざまな用途に使える3種類の印鑑

ビジネス

トップオンラインペットストアから様々なペット専用アクセサリーの購入について

ビジネス

くすりエクスプレスなどを利用した個人輸入には何故時間がかかるのか

ビジネス

ベストケンコーとその他の代行サイトの違いを考える

Sign up for our Newsletter and
stay informed