ビジネス

さまざまな用途に使える3種類の印鑑

何十年も前に発見されて以来、印鑑は人の生活の中のさまざまな場面で広く使われてきました。主に印鑑は、オフィスで最も重要で役立つ文房具の一つとして使用されています。印鑑はとても便利で、人々のより良い生産性のために役立ちます。

過去数年でたくさんの進歩がありました。この進歩がたくさんのイノベーションを生みました。印鑑でさえ、改善とイノベーションを経験しているのです。今や最も一般的で伝統的なゴム印よりも、たくさんの種類の印鑑があります。

用途はほぼ同じです。ただし、他の種類の印鑑は、品質や耐久性が多様なので、特定の用途や労働環境により適しています。

以下を読んで、どの種類の印鑑があなた個人もしくはあなたの会社に最適なのかを検討しましょう。

1.セルフインキングスタンプ(シャチハタ印)

セルフインキングスタンプは、インクが補充されたタイプの印鑑です。ユーザーはインクパッドを別に使う必要がありません。印鑑はすでに書類に押印するためのインクを備えているのです。一般的なゴム印とは違い、セルフインキングスタンプはプラスチックで出来ています。ゴム印はたいてい木製の持ち手ですが、これはさらに重量が軽いです。耐久性の点では、木製の持ち手を備えたゴム印よりも弱いです。しかし、セルフインキングスタンプの持ち手に使われているプラスチックの種類にもよります。www.kiasuprint.comのような、ほとんどのゴム製スタンプメーカーは、これらのタイプのカスタマイズ印鑑を提供するのに適しています。

2.プレインクスタンプ(浸透印)

プレインクスタンプとセルフインキングスタンプは、大差がありません。既にインクが補充されていて、個別のインクパッドが不要です。この種類の印鑑は、他の種類の印鑑と比較しても、耐久性が抜群に良いです。幅広い商品上に、鮮明な印影が押せます。プレインクスタンプを使用すると、あなたの会社が顧客、見込み客、またその他の重要関係者の向けに公開する公式文書に、あなたの会社名またはロゴを刻印するので、より適切でプロフェッショナルに見えます。

3.ゴム印

この種類の印鑑は、多くの人から幅広く使われている最も一般的な印鑑です。会社だけでなく、個人のさまざまな用途でも使われています。この種類の印鑑は通常はゴムで作られており、木製取手につけられます。ゴム印は、別にインクパッドが必要です。なので、それほど便利ではありません。しかし、他の選択肢よりも絶対に安いです。ゴム印は、プラスチック製の印鑑よりも耐久性があります。ですがこれもメーカーや、素材そのものの性質によります。この種類の印鑑は、他の印鑑ほど使い勝手が良くないので、現在では、使われることがどんどん少なくなっていますが、まだ良い選択肢ではあります。

Related posts
ビジネス

トップオンラインペットストアから様々なペット専用アクセサリーの購入について

ビジネス

くすりエクスプレスなどを利用した個人輸入には何故時間がかかるのか

ビジネス

情報が錯綜する社会における能動的判断の重要性

ビジネス

ベストケンコーとその他の代行サイトの違いを考える

Sign up for our Newsletter and
stay informed