ビジネス

くすりエクスプレスなどを利用した個人輸入には何故時間がかかるのか

くすりエクスプレスは非常に便利な代行サイトです。海外から気になる物品を入手することができます。楽天やAmazonを使っているかのように、気兼ねなく、(英語すら使うことなく)、狙いの品が家に届くのですから、願っても無いものです。初心者であっても、難しいことを考えることなく、海外からお薬などを入手することができます。このような点を考えれば、Kusuriexpress.comなどの代行サイトが人気を博していることには疑いの余地はないでしょう。

しかし、よくあげられる注意点があります。それが、配送にかかる時間です。海外から、日本にはない何かを手にできる、という特徴は素晴らしいものです。しかし、海外から持ってくるというポイントは忘れてはなりません。つまり海外からの配送となるので、どうしても、それには時間がかかってしまうのです。今回の記事で焦点をあてるのは、個人輸入にかかる時間についてです。

初めて個人輸入に挑戦してみると、一番、身を以て感じるのは、その配送時間でないでしょうか。物品に関係なく、物理的に商品の移動距離が長いので、時間がかかるのは当たり前です。加えて、国境を越えるので、その際に税関で足止めを食らうこともあります。税関で、どれだけ停滞するかについては、明確な指標を提示することはできません。というのも、それぞれの状況によるからです。少し抽象的な話になりますが、その物品について、何かが怪しいと思われた場合には、税関職員が余計に時間をかけてチェックをし、当然、配送時間が長引きます。

配送時間の長さそのものは変えられません。ですので、受け取りできるタイミングで確実に受け取るように意識しましょう。せっかく家に届いても、受け取ることができないと、さらに配送時間が延びてしまいます。ポイントは配送追跡です。追跡番号を確保すれば、いつでも、オンラインから配送状況(リアルタイムの場所)を確認することができます。

Related posts
ビジネス

さまざまな用途に使える3種類の印鑑

ビジネス

トップオンラインペットストアから様々なペット専用アクセサリーの購入について

ビジネス

情報が錯綜する社会における能動的判断の重要性

ビジネス

ベストケンコーとその他の代行サイトの違いを考える

Sign up for our Newsletter and
stay informed